Neo Classic

CONTENTS

始めてのお客様へ

ご予約はコチラ 03-3939-2390 mail@neoclassic-hair.jp受付時間 10:00~18:00 毎週火曜・毎日第二月曜定休

News&Blog

blog

髪への思いやり

今回は
ミコノスを使った
少し特別な
トリートメント方法と
ドライヤー、アイロンを
使う際の注意点など、
お話したいと思います。

SONY DSC
前回お話しましたように
ミコノスにはTR
(アシッドバランス 
トリートメント)
があるのですが

髪が傷みすぎていて、
もっと、しっかり
トリートメントをしたい!
という方に
ちょっと面白い使い方を
ご紹介します。

その方法とは

シャンプーを流したあと
タオルでしっかり水気を取り

なんと!
アミノバランス ヘアソープS
TRを手のひらの上で
1:1くらいに混ぜ合わせます。

そうです。
シャンプーとトリートメントを
混ぜてしまうわけです。
普通、やりませんよね?(笑)

それを特に損傷度の高い
毛先につけ
すこし時間をおいてから、
流します。

シャンプーも混ざっているので
いつものTRだけのときよりは
しっかり流した方が
良いと思います。

その後、通常通り
再びTRで仕上げます。

TRに含まれる
天然毛髪修復成分や
ヘアソープSに含まれる
天然保湿成分などの
相乗効果で

TRだけでは得られない
極上のしっとり感が得られます。

傷みの激しい毛先などに
定期的に使用すると
効果的です。

シャンプー後の濡れた髪は
髪の表面にある
キューティクルが
開いて剥がれやすい
状態になっていますので、

タオルドライ後
ドライヤーで
しっかり乾かして下さい。

その際、
ブラシでギューギュー
引っ張って、
熱風を当てるのではなく

髪に指を通しながら、
根元の方から毛先に向かって
手が熱くならない程度に
ドライヤーと髪との距離を
保ちながら乾かします。

地肌を
濡れたままの状態で
放置しておくと
地肌付近は体温の影響もあり
雑菌が繁殖しやすいです。

乾かす時は毛先ではなく
根元と地肌を中心に
乾かすようにして下さい。

ショート〜ミディアム
くらいの長さなら
地肌と根元付近が
しっかり乾いた頃には
毛先のほうも
おおむね乾いているはずです。

8割ほど乾いたところで、
今度はブラシを使って
ドライヤーを
近づけ過ぎないよう
気をつけて、毛先を
少しだけブローをします。

これで十分キレイになるはずです。

髪の量や長さにもよりますが
目安として
乾かすのに5〜10分。

ブロー(スタイリング)は
3〜5分くらいで
終わらせましょう。

その後、アイロンを使う場合は
注意が必要です。

「良く伸びるから」
というのは、わかりますが、
200°とかの超高温は
やめましょう。

ちょっと考えてみて下さい。
あの天ぷらを揚げる温度でさえ、
180°なんですから。

出来れば、
100°〜130°くらいに
抑えると良いと思います。
それでも沸騰したお湯
よりも熱いのですよ!

日常は低めの温度で。
お出かけや特別の日だけ
ちょっと高めでしっかり、など
使い分けると良いですね!

このように、
ちょっとした髪への
思いやりや
気遣いだけでも、
あなたの髪の質を
改善することは
出来るのです!

早速、今日から!
まずは、出来ることから
始めてみてください。

そうすれば
近い将来、あなたの髪にも
きっと何らかの
変化が現れるハズです。



美容室 Neo Classic International
03-3939-2390
東京都板橋区赤塚3−15−14 
エスポアール森田1F

http://neoclassic-hair.jp




それでは、今回は
いよいよミコノスのシャンプー、
トリートメントを使った
ホームケアです。

SONY DSC
実は、ホームケアと言っても
何か特別なことを
するわけではありません。

ホームケアで
大事なのは、
髪質、髪の状態に合った
シャンプーや
トリートメントを
正しく選んで、
効果的に使う

ということです。

そこで、今日は
最小限の努力で
最大限の効果を
出す
ための
ヒントをお教えします。

ミコノスのシャンプーには

・ミコノス アミノバランス
 ヘアソープ S

・ミコノス アミノバランス
 ヘアソープ RS


の2種類があり
Sはしっとり、
(硬毛、クセ毛、乾燥毛、
ダメージヘア)

RSはサッパリ、
(普通毛、頭皮、軟毛、
細毛 )

どちらも
仕上がりにしっとり感は
ありますので

むしろ、髪の損傷度で
選んで頂いた方が
良いかもしれません。

傷みが大きい髪にはS、
そこまでではない髪にはRS、
で、良いかと思います。
あとは、お好みです。

ミコノスの
シャンプーは
この2種類だけですので
その時の髪の傷み具合や
洗い上がりの好みで
選んで下さい。

さて、では、
シャンプーに入りますが、
普通は

髪を濡らす
  ↓
シャンプーをつけて
良く泡立てる
  ↓
地肌を中心に指の腹を使って
全体に良くマッサージする
  ↓
良く流して、トリートメント

こんな感じですが、
特に使い始めの頃は
泡立ちが良くないので

(使い続けているうちに
良くなってきますが、
汚れていたり、
スタイリング剤が
たくさんついている時も
泡立ちが悪いです。)

出来れば2度洗いを
オススメします。

そして2度目に洗うときに
シャンプーを泡立てないよう
優しく、やや多めに髪につけ、
そのまま少し(2〜3分)
置いた後、良く泡立てて
シャンプーします


こうすることで
より多くのアミノ酸成分が
髪に浸透して、傷んだ髪を
補修出来るのです。

僕が初めてミコノスの
シャンプーを使ったときの
個人的な感想でなのですが、

「こんなにきめの細かい泡の
シャンプーはじめて!
なんだか癒される〜!」

いままで経験したことが
ないような細かい泡

たっぷりと髪や頭皮を
覆っている時間が
なんとも言えず気持ちいいのです。

まさしく泡に包まれてる感じです。

この気持ち良さは、
ぜひ、ぜひ、ご自身で
体験してみて下さい。

そして流したあとには

・ミコノス アシッドバランス
 トリートメント TR


で仕上げです。

毛先を中心につけてもらい
少し置いてから流します。

傷みが大きい場合は
あまり流さなくても大丈夫です。
ベタついたりしないので
お好みで調節して下さい。

以上がミコノスを使った
効果的なホームケアです。

ホームケアと言っても
別に難しいことを
するのではなく
自分の髪、目的に合った
シャンプーやトリートメントを
正しく選んで
効果的に使うこと。

今回はミコノスを使った方法を
お話しましたが、
ミコノスでなくても、
あなたの髪、目的に合った
ものをしっかり選んで下さい!

それこそがホームケアなのです。


次回は
自宅で出来る
ミコノスを使った
特に損傷度の高い髪への
トリートメント方法などの
お話をします。



美容室 Neo Classic International
03-3939-2390
東京都板橋区赤塚3−15−14 
エスポアール森田1F

http://neoclassic-hair.jp













今回は
髪質改善には欠かせない
シャンプーの選び方です。

シャンプーは
洗浄成分(界面活性剤)で
大きく次の3つに分類され、
それぞれに特徴があります。

①アミノ酸系

 毛髪と同じ弱酸性で
 洗浄力はそれほど
 強くないため
 敏感肌の方でも
 安心して使えます。

 また、過度な洗浄力が
 無いため、パーマ、カラー
 などの持ちが良いです。

 アミノ酸系以外のシャンプーを
 使っていた方で、
 パーマやカラーをしても
 すぐにとれてしまう
 という方は、
 いちど試してみると
 良いかも知れません。

 ただし、ものすごくサッパリ
 洗いたいという人には
 物足りないかも知れません。
 (髪のためには頭皮に必要な
 適度な潤い成分は残した方が
 良いのですが・・・)

 泡立ちも他の種類と比べると
 あまり良くありません。
 (二度洗いをすれば、
 解消する問題ですが)

 通常、美容室などで
 扱っていて、
 値段は、やや高めです。
 
②石けん系

 いわゆる
「石けんシャンプー」
 などのシャンプーで、
 石けんはアルカリ性。

 洗い上がりにギシギシ感、
 ゴワつき感があり
 洗浄力が強いため、
 カラーやパーマの
 持ちもあまり良くないと
 言われています。
 
 値段的には
 それほど高くは
 ないようです。
 
 
③高級アルコール系

 この「高級」というのは
 物の価値が高いという意味の
「高級」ではありません。

 化学式的に炭素の数が
 多いもの(6以上)を
「高級」と呼ぶのです。

 炭素の数が多いほど、
 泡立ちも良くなりますが
 洗浄力も強くなり、
 肌への刺激も強まります。
  
 洗浄力が強く、
 バサバサになりやすいため
 シリコンを入れて、
 それを補うことが多いようです。

 スーパーなどで、
 安く大量に
 売られているものは
 このタイプが多いです。

ここまで読んで頂いたら
もう、おわかりかと
思いますが、
結局、アミノ酸系が
髪にも、地肌にも
最も優しく、特に
損傷毛には
アミノ酸系がオススメです。
 
つまりホームケアで
使って頂きたいのは
数あるシャンプーの中でも
アミノ酸系のシャンプー
ということです。

ちゃんとした
アミノ酸系のシャンプーであれば
もちろんミコノス以外でも
良いと思いますが、

中には
「アミノ酸系シャンプー」
と謳いながら、
実はアミノ酸配合比率が
極端に少ないものなども
あるようですので、
気をつけてください。

それと・・・
「じゃあ、○○シャンプーは
どうですか?いいですか?」
と聞かれても、

ミコノス以外の
シャンプーの成分まで
把握していないので
お答え出来ないと思います。

そういうわけで、
ネオクラシックでは
ミコノスをオススメ
しているのです。


では、ホームケアに必要な
シャンプーがわかったところで
次回はミコノスのシャンプーでの
効果的なホームケアの方法を
ご紹介します。



美容室 Neo Classic International
03-3939-2390
東京都板橋区赤塚3−15−14 
エスポアール森田1F

http://neoclassic-hair.jp



 



 
 
 


髪質改善は自宅で?

ミコノスに関しては
まだまだお伝えすることが
たくさんあるのですが、

ほかにもお話することは
たくさんありますので
今回から数回に渡り、
髪質改善の方法を中心に
お話させて頂いたら、
いったんミコノスの話題から
離れます。

ミコノスは、
読者の方も興味がある
部分であると思いますので
機会を見て、時々
アップさせていただきます。

さて、では再び本題に戻ります。

前回の記事で、
ホームケアが髪質改善にはかかせない
非常に大事なことである、
と書かせていただきました。

では、なぜ、そんなに
ホームケアが大事なのか?

ミコノスの施術をしても、
ホームケアをしないと
いけないのはナゼなのか?
その辺りを説明します。

あなたはどのくらいの頻度で
美容室に足を運びますか?

1ヶ月に一回くらいですか?
2ヶ月に一回?
3ヶ月に一回?

ベリーショートの方なんかだと
「いや、そんなに我慢出来ない!」
3〜4週間に一度は行かないと!
なんていう方もいらっしゃるでしょう。

でも、大体の方は
通常、美容室での施術というと
せいぜい1〜2ヶ月にいちどくらい
ではないでしょうか?
あるいは、もっと長い方も
いらっしゃると思います。

我々、美容師が
あなたの希望をかなえるために
直接お手伝い出来るのは、
30〜60日に一回だけ、
または、それより少ない
と言うことになります。

残りの29〜59日間は
何もお手伝い出来ないわけです。

せっかくミコノスで
改善の道をつくっても
59日間、何もしなければ
また元に戻ってしまうか、
ホームケアのやり方次第では
更にダメージが蓄積する
可能性もあるわけです。

必ず、しっかり
ホームケアをしてください。
ある意味、店での施術以上に
とても大事なことです。

では、ホームケアとは具体的に
何をすれば良いのか?

いろいろあると思いますが
今回はその中でも重要な
シャンプーとトリートメントを
取り上げたいと思います。

あなたがシャンプーを選ぶ基準は
何ですか?

香りですか?色ですか?
それともプライスでしょうか?

もしも、あなたの髪が
カラーもしていない、
パーマも矯正もしていない、
健康な髪であるなら、

上記のどの条件で
シャンプーを選んでも
ほとんど問題はないと思います。

でも、今このブログを
読んで下さっている
あなたには、上の条件が
当てはまらないのでは
ないでしょうか?

例えば

・傷みで髪が絡む
・枝毛がある
・縮毛矯正を繰り返して
 毛先が硬くなってしまった

こんな症状がある方には
ドラッグストアで
SALEになっているような
シャンプーやトリートメントは
あまりオススメ出来ません。

それらを一生懸命に使っても
髪質の改善という意味では
あまり期待出来ないからです。

「要するに、
美容室で売っている
高めのシャンプーなら
良いってことでしょう?」

そう思った方、
ある意味、正解ですが
不正解でもあります。

高いシャンプーなら
何でも良いというわけでは
ありません。


シャンプーの種類も重要なんです。

では、次回は
どんなシャンプーが
髪質改善にに向いているのか、
など、シャンプーについて
お話します。


美容室 Neo Classic International
03-3939-2390
東京都板橋区赤塚3−15−14 
エスポアール森田1F

http://neoclassic-hair.jp



約4ヶ月ぶりにミコノスの矯正トリートメント
していただきました!

お客さまの髪質ですが、表面にはそれほどクセがありません。
ですが、中の方とお顔周りに頑固なクセが出てきてしまい
時間が経つと、前髪が割れて上がってしまい、
全体的にはボリュームが出てしまうタイプのクセです。

[Before]
SONY DSC
SONY DSC
[After]
SONY DSC
SONY DSC
中の方の写真の方がわかりやすいですね?(^_^)

ボリュームダウンと毛先のトリートメント効果で
毛先までしっとりサラサラです(*´∀`*)

毛先のカットだけ、こま目にして頂ければ
キレイな髪をキープしていけます!
頑張って行きましょうね!

ミコノス「矯正トリートメント」
ツヤ感、しっとり感、どちらも
最高レベルの矯正ではないでしょうか!(゜∀゜)

それに加えて、カラーなどのダメージ毛にも
今日のお客様のような健康毛にも対応!
ダメージレスなところがまた魅力です!

ミコノス 矯正トリートメントを体験したお客様のほとんどが
次回も同じ矯正トリートメントで!と言って下さいます。

今日のお客様の髪質は、比較的多く、しっかりした髪質で
クセもそれなりに強く、写真には写っていませんが、
お顔周りや前髪のクセも結構強いです。

[Before]
SONY DSC 前回の矯正からは約半年が経っていますのでだいぶクセも戻り、
長さもかなり伸びてしまいました。。。。

[After]
SONY DSC
湿気が多いとクセが強く出るというお客様。
次回は湿気が多くなる季節の前に、また矯正ですね〜!
お待ちしてます!(^_^)

写真は、ドライヤーで髪を乾かす為に
デンマンブラシを通していますが
特別にテンションをかけたり、引っ張ったりはしていません。

しっとりツヤツヤですね(*´∀`*)



やっとカットが出来ました!

今日は「ミコノス イオンカール」です。

お客様は約6週間ごとに「カット、イオンカール&カラー」と
「カット&カラー」を交互に繰り返していらっしゃいます。

今回は訳あって、4ヶ月ほど毛先だけをそろえるだけにして
長さを伸ばしていたので、かなり長くなってます。
イオンカールも3ヶ月ぶりとなるわけで
ご本人もかなり我慢されていたようです。。。(´д`;)

でも、それも今日まで!念願の断髪式?です!!!
伸ばしていたとは言え、6週間ごとに毛先だけは
カットしていましたので、ダメージは少なめです。

[Before]
SONY DSC
実は今回は体調の関係で、1週間ほど前に
ミコノス カラートリートメント(パーフェクトカラー)のみを
していただいています。
そして。。。

[After]
SONY DSC
やっと、スッキリしましたね(*´∀`*)
やわらかくしっとりしたカールがキレイにでました!

実は今日のお客様の髪質、ものすごく
パーマもイオンカールもかかりやすいんです!
当店にある一番大きなロッドを使っているのに
この柔らかくしっかりしたカール。。。お驚きです(゜∀゜ノ)ノ
普通の髪質だとほぼ、「かかりませんでしたね。。。。」というのが
オチなんですけどね〜(汗)(^_^;A

今日はミコノス ストレート&カールのご紹介です。

長い間、ずっと同じ美容師さんのところへ通っていらしたそうですが
髪がとても傷んで広がってしまい、縛って過ごすしかなかったことと
ご主人の「たまには他の店にいってみたら?」という優しい助言(*´∀`*)から
ネット検索で当店を見つけていただき、ご来店下さいました。

本当にありがとうございます!

[Before]
SONY DSC
髪の状態はお客様がおっしゃるように、
毛先5〜6cmにかなりのダメージがあり
根元からやや強めのクセが全体にあります。
毛先にはゆるいパーマをかけてもらったそうなのですが
パーマは髪のクセに負けてしまい、パーマのカールではなく
クセそのままのカールが毛先に出ていました。

クセはそれなりに強いので、
アイロンを使わなければ完全には伸びないですが
カウンセリングでお話させていただいた結果
今回は髪のダメージを考慮してノーアイロン。
毛先は切れるところまで切って、ゆるすぎず、強すぎないカールをつけ
前髪のみアイロンを使って矯正、ということになりました。

[After]
SONY DSC
毛先のダメージはもっと切らないと完全には取れないのですが
完全に取れるまで切ってしまうと全く別のスタイルになってしまうので
今回はやや残し気味です。

あとは次回、カラーでのご来店までは
ご購入頂いたミコノスのシャンプー、トリートメント、
アミウォーターでホームケア、頑張ってください!
少し時間はかかるかも知れませんが
必ずもっと良くなりますので、頑張りましょう!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

※写真はタオルドライ後、根元から中間をドライヤーで乾かし、
コーミング後、アミウォーターで毛先を再度しっかり濡らして
TRをつけて自然乾燥させた状態です。

プロポリス カール

今回は前回のBlog に引き続き
プロポリスを使った施術の
「プロポリス カール」のご紹介です。

ミコノス イオンカールが柔らかく、しっとりとした
カールを作るのに対して、この「プロポリス カール」は
比較的、しっかりとプルンとしたカールが欲しいときに
使うことが多いです。

どちらを使うかは、ストレート同様
お客様の髪質やダメージ、作りたいスタイルなどから判断したうえで
更にお客様と相談しながら決めていきます。
ちなみにどちらも料金は同じです(^_^)

[Before]
SONY DSC

[After]
SONY DSC
前回の施術から結構、時間が経ってしまったので
ちょっとばさっとした感じになってしまっていましたが
コロンとしたしっかりめのカールがキレイに出ました!

自然光が入る時間に撮影したBefore と
夜になって店内のライティングだけのAfter 写真とで
色が違ってしまってすみません(^_^;A


プロポリス ストレート

今日ご紹介するのは、いつものミコノスの矯正トリートメントではなく
最近、当店で扱うようになりました
プロポリスが配合された矯正ストレートです。

プロポリスの成分が髪へのダメージを抑え、
ツヤ、コシ、ハリを出してキレイなストレートを作ります。

美容室 Neo Classic Internationalでは
髪質によってミコノスとプロポリスを使い分けています。
どちらも髪へのダメージが少なく、ツヤのある
きれいなストレートになるのが特徴です。

大まかな分け方としては、ダメージの大きいカラー、ブリーチ毛など
普通では矯正を断られてしまうようなダメージ毛にはミコノス。

比較的、ダメージが少ない、または健康毛でクセの強い髪質は
プロポリスのストレートをさせていただくことが多いです。

もちろん、ケース(髪の状態)によってはもっと複雑なので
上記の分類だけで決まるわけではありませんが。。。

[Before]
SONY DSC
お客様はもう何年も当店で矯正を続けてくださっている方で、
クセは比較的強く、量が多くて太い髪質です。

[After]
SONY DSC
常に矯正をしてくださっているので写真では大きな変化はわかりませんが
根元のクセが強く出ている部分がボリュームダウンして、
根元〜中間のツヤ感はかなり増しています。

今回は毛先のダメージを考慮して
根元を中心にしっかり伸ばしたため
毛先のクセが強いところに少しクセが残ってしまいました。

お客様は「ストンとしたストレートになるのはキライだからちょうどいい!」
と、言ってくださったのですが。。。。
お気遣いありがとうございます(汗)

でも、美容師としては。。。。やっぱり
「・・・・」です(^_^;A
次回はもっとキレイな自然なストレートを目指しましょう!(^_^)